多方面兼オタの覚書

邦ロック、お笑い、アイドル、全部好きです。

バスケ部に居て欲しいジャニーズジュニア

皆さんどうせ好きでしょ。学パロとか。

「男子バスケット部に居て欲しいジャニーズジュニア」です。

バスケ部はとにかく、ユニフォームがカッコイイ部活ナンバーワンなので楽しい。

今回の知識の出処は黒バスと、スラムダンク芸人と、中学バスケ3年間、あひるの空途中までです。あと、ガムシャラ

半分ぐらい間違ってると思ってください。性癖と好みが丸出し。

 

3年生キャプテン 深澤辰哉 

大!本!命!あーやっぱり。お前面白みのない人間だなと言われても良い。安定求めすぎて、逆に不安になるわ!とか、言われても良い。

「バスケ部キャプテンのふっか先輩」というフレーズが好き

ミーハーなふりして、色んな差し入れをしたい。

ミニバス出身で、中学3年間も真面目にバスケ部で副キャプテン

高校入っても、まあ他にしたいこともないし、バスケは嫌いじゃないから良いかなとか思って入部。

そこそこのゆるさと、そこそこの強さの部活で、楽しくやってる。インターハイに出られる実力は無いけど、インターハイに出られる学校と良い勝負は出来るぐらいの、そこそこ強豪校

「お前たちも本気だしたら、インターハイ出られるぐらいの実力だぞ」って、ライバル校とかに言われるけど

「俺たちは、リア充DKだからね〜部活以外も遊びたいわけよ。ついでに勉強もな」と言って本気にはならない。

部員が同じスタンスだから誰も変えようとしないけど、強豪校に行ったミニバス時代の友人を見て

「自分も本気を出したら、バスケで良いところまで行けるのかな」とか思ったりしちゃうふっか先輩。

 

チームで一番上手いわけではない。一番背が高いわけではない。

でも、一番チームを盛り上げることは出来るからキャプテン。

3Pより、ゴール下と3Pラインの中間地点ぐらいの所からの2Pが得意。

でも他のメンバーにパス回したり、美味しい所あげがち。殆ど打たない。

スタメンのギリギリラインの実力だから「名ばかりキャプテン」と一部の他校生に言われてる。

本人も知っているけど、別に気にしていない。

高校の近所の子ども達を集めて、バスケ教室をやろう!とキャプテン就任当初から言ってる。

ショタコンは黙ってろ。俺たちは同級生に犯罪者を出したくない」と却下されている。

学年主任の滝沢先生には、頭が上がらない。(not顧問)

 

同じ体育館で練習する女バレのリベロの3年の人と付き合ってる。(身長小さめのショートカット、おでこ出してる)

普段は、自転車通学だけど、たまに一緒に帰ったりする。

その時は自転車は押してゆっくり帰る。カゴに2人分の通学鞄を入れてあげる。

お互いに試合が重なることが多くて、公式戦の応援とか行けないのがお互いの悩み。

軽音楽部に友達が多い。

 

 

2年生副キャプテン 田中樹

大!本!命!(その2)

いやもう、絶対これ絶対。200%かっこいいから。1番バスケユニフォームが似合う。

3年生の女子マネが田中さんなので、区別するために皆から「じゅり」と呼ばれています。

 

1年生の後半から副キャプテンです。特例かも

本当は副キャプテンじゃなかったけど、夏休み終わったぐらいで

ふっか先輩と同じクラスで元々の副キャプテンの方が「勉強に専念したいから」

と、退部してしまいました。

どうせなら1年生から選んじゃう?来年以降の引き継ぎとか楽できそうじゃん俺が。

別に、後輩に指示されてもあんまり関係ないでしょ?

とキャプテン就任して2、3ヶ月のふっか先輩が言い出したので皆のっかりました(当時の2年生)

 

「副キャプテンの***が、学業のため退部してしまいました。で、次の副キャプテンは田中」

と、監督から言われた時

「ほ〜、マネさんが副キャプテンか〜ええ!?そんなことある?へ、うそ?!」と勘違いしていました。

「じゅり、これから宜しくな!」とふっか先輩に言われて

「ええーー!?おれ?田中ってそっちー?!」と、もっとあたふたしました。

キャプテンにくっついて色々勉強するうちに、ふっかキャプテンの凄さが分かり、それから「師匠」と呼ぶようになりました。

 

中学もバスケ雨でしたが、同級生が皆ヤンキーだった。文化祭にこっそりやって来たお兄ちゃん達が、更にヤンキーだった。

でも、全員かっこよくて古典の先生がメロメロになってた。

夏の合宿の時、寝言で「ママのご飯が、食べたい」と言ってチームメイトがメロメロになった。

 

実力的には、ふっか先輩のちょい上ぐらい。スタメン定着してきた頃です。

目立つの大好きだから、美味しいポイントは欲しい。自分でシュートもガンガン決めたい派。

テンション上がってくると、3Pが落ちない。

股抜きとか変なドリブルが好き。(目立つから)

「お前はキャプテンなんだから」と顧問の先生に怒られますが、自分のスタイルを崩したくなくて葛藤します。

ふっかキャプテンに「お前は好きなようにやれば良いよ。皆、信じてついてきてくれるよ」と励まされて、ししょーーーーー!!!!!

 

中学の時は、彼女も居たけど今は居ません。

大人のお姉さんと恋がしたい。とか言ってますけど童貞です。

 

 

2年生ルイス・ジェシー

not留学生。not特待生

「お前はうちの秘密兵器だから。ベンチの一番はしっこでずっと座っていてくれ」

と、ふっかキャプテンに命じられました。1年生の後半からベンチ入りしました18番。

まあ、上が引退しちゃったから、ほとんどベンチ入り出来たんですけどね

「何かさ、ベンチに外国人が座ってるなんて強豪校っぽくね?

ジェシーは1年だから全然知られてないし、秘密兵器っぽく相手チームびびるんじゃね?」

という悪ふざけのもと、試合中は、ドリンク出しなどの1年雑務業務もせず

大きめのよく分からない英字のバスタオルを被ってずっとベンチ待機する最終兵器を演じさせられます。

 

「何だよあの外国人?」「あんなやつ去年いたか?交換留学生か?」

って会場がざわざわしている様子をメンバー全員で楽しんでいます。

顧問の先生は、ジェシーが嫌がらないか心配してくれましたが

外国人っていじめられた経験は、ちょこちょこあったけど、こんな風に自分を面白がっていじってくれる人達は初めてだったので

心地よくて、部活が楽しいなあと思っています。

 

入学当初に、3年生にスカウトされて断りきれず入部してしまった押しに弱い日本人

「えっ、初心者?っていうか日本育ち?一般入試?」と、エピソードが渋滞しておりパニックになりました。

初心者ながら、「部活が楽しい。先輩が面白い」という根っこの精神があるので、どんどん練習して着々と実力をつけていっています。

貴重な高身長。PF、C要員。最近はダンクの練習をしているらしいです。

 

最近、同じクラスの女の子といい感じらしい。

クラスにバスケ部は居ないから、ばれないと思っていましたが、お友達の多い樹から、先輩にもバラされてからかわれています。

「ん?どうした?ふっかキャプテンが教えてあげよう。」

「ししょー!俺にも伝授してください!3年生を紹介してください!」

と、盛り上がってますので、自分が話題から外れて一安心です。

 

 

3年生渡辺翔

初めまして私、男子バスケット部の1年マネージャー尾田久之子(おた・くのこ)と言います。

今回は校内新聞でバスケ部のことを取り上げてもらって、ありがとうございます。

今回キャプテンからメンバーを一人紹介してほしいと言われたので、しぶしぶ…

だってよりによって、渡辺先輩なんです。3年生の。もっと、樹先輩とか、ジェシー先輩のことをお話したかったのに。

 渡辺先輩は、ちゃらいけど上手いエース。毎日違う女の子が練習を体育館に見に来るけどエースです。

だけど、デートで練習を休むことも。考えられないですよね?!

ふっかキャプテンに言っても、「まあ、翔太だからな〜」って何それ?!甘いと思います。

確かに渡辺先輩は上手いし、うちのエースです。

公式戦は絶対に休まないし、アップから気合入れてるけど。まあその分、体育館にはいつも以上に女の子が増えるんですけどね。

私の同じクラスにも何人か居るんです。

「今週末は、土曜日はバスケ部の試合を見に行って、夜は安井先輩の軽音楽部の学外ライブでしょ。

日曜日は朝から野球部の練習!OBの先輩いっぱい来るらしいよ〜あと、吹奏楽部に可愛い1年生が2人ぐらい入ったんだって」

って、とても忙しそう。

古典の先生は、「まちそわでげんば」って言ってたけど良く分からなかったです。

 話が逸れちゃったけど、渡辺先輩にはちゃんと練習に来てほしいです。

もっと3年生なんだから、後輩の指導とかやることがいっぱいあると思うんです。

そういえば、このまえ3年生の田中先輩が、皆が帰る頃にドリンクを1本準備していたの見ました。「まだ1年生には内緒だよ」って言われましたけど、誰か秘密の特訓する予定だったのかな?

 

どうも、3年マネージャーの田中です。こちらは体育館です。私以外、皆下校してしまったのですが、そろそろ来るはずです。ほら、やってきました。

女の子との放課後デートが終わった後、必ず体育館にやってきて自主練に励んでいます。

遊びたいけど、バスケも好きだからという彼なりの信念らしいです。

私は、ドリンクを1本準備して見てるだけ。

時間が特に決まってないけど、1本飲みきるまでというのが約束です。調子が良い時は、時間も体力も気にせず続けてしまう人なので。

ドリンクを飲みきったら、二人で後片付けをして帰ります。

途中までで良いよって言いますが、絶対に家まで送ってくれます。

「明日は練習来てね」というと、「まあデートが無ければな」と、毎回のやりとりです。

誤解されることが多いですが、あくまで部員とマネージャーの関係です。

 

 

3年生佐久間大介

ムードメーカー。とにかくうるさい。小さいバカ。「とにかくうるさい佐久間」というキャッチが出来そうな勢い。

「安心してください元気ですよー!」と朝の早い時間の公式戦でもうるさいので、渡辺の機嫌がどんどん悪くなる。

 

明るくへらへらした雰囲気だけど、練習中は全くおちゃらけない。一番真面目で、後輩にもドンドン注意していく。

語彙力にかけるので、注意するけど伝わりにくことがしばしば。そのまま放置して混乱する後輩に周りの3年生が、フォローを入れていってくれている。

「普段と練習中の高低差ありすぎて、耳キーンなるわ!」

「身長を伸ばしたい」という理由で高校からバスケ部に入った。

高校入学当初から3センチは伸びた!

「もしも、バスケ部に入っていなかったら、全く伸びなかったかもしれないじゃん!3センチは大きい」と喜んでいる。

 

3年生になってからレギュラーを獲得した。

高校から始めたため、よく分からないクセがついてしまった。周りは顎が上がっている?何かエロいというけど、本人の自覚は無い。

小さく小回りが効くので、重心の低いドリブルは速い。蝶のように舞うらしい。

シュートはどうしてもブロックされることが多いので、あんまり打たない。

速攻で切り込んで行って、ドリブルからのレイアップシュートは外さない。

シュートで飛んだ時に、ちらっと見える腹筋がバキバキだったらしい。

 

練習着は、アニメかファッション着か微妙なラインのTシャツ

部室にCDショップで貰った初回特典巨大ポスターを貼った。

皆反対したけど言うこと聞かないし、どうせ着替えるだけのスペースだから好きにさせている。

 

クラスの皆から好かれているし、宿題は大体見せてもらう。

特に優しくしてくれるのが、大人しいクラス委員長。最近髪型変えて、コンタクトにしたみたい。

「委員長、何か雰囲気変わったよね!彼氏でも出来た?」とあっさり言う人。

気づけよ、バカ。

 

 

2年生寺西拓人

「バスケの練習着を着て欲しいジャニーズナンバーワン」出来れば、黒がいい

練習熱心で、体力もあるので、重宝されている。困った時の寺西。シュートも打つし、ゲームメイクも出来るし、永遠の6番手。

誰かを休ませたい時、(体力の無い渡辺が休みたい時に)駆り出される。

ピンチヒッターの役割を本人は気に入っている。

よくバッシュを買い換える。

 

目立ちやすい周りの2年生に隠れているが、実はファンが多い。昼休みはしょっちゅう呼び出されている。

今は部活に集中したいので…と断っているらしい。樹に毎回もったいない!と怒られている。

文化祭で女装をさせられて、爆笑をかっさらった。

お笑い芸人みたいな友人が居るらしい

 

 

1年生神宮寺勇太

小学生の頃ミニバスで、中学校はサッカー部、高校生になってまたバスケがしたいなあと思ったので入部した。

まあ、センスはあるしこのまま行けばレギュラー獲得出来そうだなという実力。

練習着はパンツも着替えを持ってきている。

自分は渡辺先輩みたいになりたいです。と言ってざわっとさせた(女関係?練習さぼるってこと?)

本人は、センスのある上手い先輩という意味で選んだので悪気は全く無い。

ミニバスには3Pシュートが無かったので成功率がまだまだ低い。もっと練習が必要だなと思っている。

クールのキャラに徹しているが、とっさに振られた時の返しが面白いのでお笑い要員ではと、ふっかキャプテンは睨んでいる。

 

同じクラスに野球部の姫と呼ばれる友人が居る。

自分を省いて、ふっかキャプテンが最近急速に仲良くなっている。