多方面兼オタの覚書

邦ロック、お笑い、アイドル、全部好きです。

ルードウィヒ・B終了

ルードウィヒ・B全公演が終了しました。

私が入った公演は数的には大阪全公演7公演です。 まあぼちぼち振り返り。ネタバレあるよ〜チケットはないよ〜

初見であんなに号泣したのは今回が初めてです。 結局全公演泣きました。

大変お手軽なおたくですわたくし。

 

私は橋本さんに対しては「うちの子は可愛い。はしちゃんは自慢のセンターちゃんです」というスタンスです。

ちなみに河合くんには「まあいつも文句ばっかり言っているけど、結局好きだよ。アイドルかわいふみと大好きだよ」

 

今回はうちのセンターが主演でした。ほとんど板の上に出ずっぱりでよくやったね。本当にかっこいい。0番が似合う男です。

 

ニュアンスですが最後のルードウィヒは「ぼくが死んでも忘れないでください。覚えていてもらえるだけのことはしたと思います」と遺します。

この時に私の脳内で流れる曲があります。それはズバリ『Legend Story』

「百年先だってきっと語られる伝説〜」

そうだよ、ルードウィヒもはしちゃんもえびも、これからずっと語り継がれるんだ。伝説になるんだ。皆の死後、伝説として色んな人が演じてくれるんだ。 と、こんな風に捉えてしまっています。

勝手にリンクしています。だから泣きます。

 

なぜ簡単にリンクするかというと、すべては橋本さんのせいです。

ルードウィヒの片鱗に、はしちゃんが見えるんです。 だから、引き込まれました。

途中で、はしちゃんがルードウィヒを演じているのか、ルードウィヒがはしちゃんを演じているのか分からない時があります。自分色にルードウィヒを演じていると感じました。

 

あと、舞台中にルードウィヒさんにファンサもらった話しても良いですか?はい、しますね。

ピアノ弾きながら甘い声で歌うんですよ。愛の歌を。その時にピアノは下手にありますので、客席見ながら歌うんですよ。まあ今回あり難いことに、下手の前の方に一度だけ座らせて頂きまして、、、

はしちゃんが私のことを見ながら歌ってくれるんですよ!!!!!まじで落ちる。はい、落ちる。私二回ぐらい目が合ったもん。こっち見て、にこってしたもん。貴女のためにピアノを弾いていたいって言われたもん。私の隣の席のお姉さんも落ちてたで。かわい担でよかったと心底思いました。

 

一方かわいふみとは、かわいふみとの片鱗は一ミリもキューミリも感じられません。

モーツァルトモーツァルトに見えます。ユリシーズユリシーズに見えます。

一人二役という演じ分けを見事にこなした私の求めるかわいふみとがそこにはありました。

演技が下手だねとか、上手いとか素人の私には全く分かりませんけど、まじプロ!!!!!!!大好きだわ!!!って、気持ちにさせてくれました。

別に子守りのバーター出演って言われても良いよ。子守りって自分がしっかりしてる大人しか出来ないんですよ。

 

ここまで良いこと書いたのであとは愚痴書きまーす。

 

 

まあ客席がじゃにおた満載なのは当たり前なので普通です。

はしふみ担以外にも沢山お会いしたので、皆さん埋めてくださってありがとうございます。

 

劇中のアドリブで、はしふみがA.B.C-Zっていじられるのが本当に嫌だった。たとえ三時間ぐらいでも上演中は板の上はヨーロッパで現代社会じゃないんですよ建前上はね。それが、一気に現実世界にひきもどされた。本当に嫌。

アニメ見てて途中でCM挟む感じ。

「結局二人は、ジャニーズ事務所からやってきた二人で、舞台俳優としては見てもらえないんだね」となりました。

まあ間違っていないので、上手く言えないんですけども。

 

かわいくんが客席降りて、最前の人の手を取るのも本当に嫌い。大阪公演から出てきたアドリブらしいですよ。千秋楽は手の甲にキスまでかましてましたよ。

本当に嫌い。自分がされていないからとか、同担まぢゃむ。。。。とか全くないです。

そこはヨーロッパだから!!客席なんて存在しない設定で最後まで進行してほしかったよ。まあ河合都人くんみてる?舞台すごく良かったけど嫌いなところもいっぱいあったよ。

 

もうそろそろやめてあげますね。今回は満足のいく良い舞台だった!ですので大まかには良かったです。次のお仕事につながることを待ち望んでおります。

その時はまた埋めにいきます。わたしはただのおたくにすぎませんので、、、